猛禽類のペットフードの種類と特徴

pets made

2014/9/18 更新

猛禽類のペットフードの種類と特徴

野生的なフクロウやハリスホークなど、猛禽類のペットとしての人気が高まっています。
これら猛禽類は、ドッグフードのように加工されたペットフードではなく、野生の個体が食べているのと同じものを与える必要があります。
猛禽類用のペットフードとしてペットショップで入手できるものは、大きく分けて二つの種類があります。
まず、冷凍餌として幼体のマウスやラットなどのネズミ類、ウズラやヒヨコなどの鳥類があり、お湯などで解凍して栄養剤なども一緒に与えます。
そして、これらのネズミや鳥の生きているものは、いわゆる生餌といわれ、最も野生に近い餌です。
とくに野生的な種類の猛禽類や、飼育し始めなどのデリケートな個体のためのペットフードとして、または冷凍餌と併用する形で与えます。
これらは、ペットショップで直接購入することもできますが、近くに店舗が無い場合、通販を利用することもできます。
冷凍の場合はサイズの調節が容易ですが、生餌は飼育している猛禽類に合わせた大きさのものを購入することが必要です。

Valuable information

2015/3/11 更新

Copyright(C) 2009 pets made All rights reserved.